読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day by day in every way, we are getting better and better.

日々の大切なもの 大切なこと…

50代からは小さく 軽く 暮らしを楽しみます

10日間の断食になりました

f:id:kenmuu:20160420170933j:plain

あれから 私は 3日延長して

10日間の断食を しました

あまりに 眼の調子が良く 身体も軽く

こころも 穏やかなので

断食の 効果を しっかりと 感じることができたからです

私の身体の奥に もしかして 潜んでいる 難病が

逃げてくれれば いいなと 思ったのです

 

断食3日目からは ずっと 

睡眠が 深いのか 朝5時頃目覚めて すぐ 動けました

私は ふだん血圧が 90-45 もっと 低い時もあって徐脈

すぐ 起きると 必ず ふらつき 動悸がしていたのに

家族も 不思議がっていました

 

私は あまり 断食のことを 知らずに

成り行きで することになったのですが

漢方の 先生に 指導してもらえたことで

安心して できました

10日目は 病院で 良いほうの眼の視力が

良くなっていて はっきりと 見えたので驚きました

そして いつもの 看護師さんから

今日は なんか表情が いいですね と言ってくれました

 

ところが その前に 

3日 延長したことで 困ったことが起きました

家族が 反対しだしたのです

私が ずっと 絶食をしているのに

かえって 元気になっていくことに 

不信感を抱き始めたからです

もしかして 痩せたいがための 拒食症のような症状なのでは 

もう 食べ物を 受け付けないのでは と心配も

その日の解禁の夜は 早く仕事を終え

久しぶりに 夕食を一緒にと 帰ってきたのです

また 普通食に戻り お魚が 食べられる9日目は

わざわざ 休みを 取ってくれていました

 

そして 私のおなかが 空いているのに

自分の夕食を 作ってもらう 苦痛が もう 耐えられないと

断食が 終わるまで 外食すると 言いました

いつも 優しい彼の 気持ちが読めなかった私

夕食を 残すので 疲れているのかと思っていた私

もし 逆の立場だったら 私だって そうだよね

 

ごめんね

もう やめるよ

 

私 これで 少しでも 治りたいって思った

断食して 思いのほか 眼が楽になって

嬉しくて ふつうに 眼が開けられることが

嬉しくて 仕方なかったから

もう少し 頑張ったら もっと いい結果がでるかも

って 期待してしまったから

 

すると 彼は 黙りこみ しばらく 天を見ていました

そして 10日で 必ず 終わると 約束するなら と

言ってくれました

 

ただ 休日の お昼は ものすごい早さで 食べて

夜は 私が 入浴中に 作って 洗い物もしてくれていました

そういう意味で 10日間は やはり 長かったです

 

11日目の昼食

そして やっと 固形食です

もう こだわりぬいての 食材を 揃えました

薄いおかゆは 土鍋の半分いただきました

半分は 夕食用です

お味噌汁は 具なしだけど 野菜いっぱいの出汁です

なんと 美味しかったこと!

ゆっくり 噛み締めながら 味わいました

身体中の 細胞の花畑が 咲き出したような

幸福感に 満ち溢れました

 

断食を終えました

眼の調子は 変わらず いいです

1年以上預かっていて 描けずにいた ガーデンサインも

仕上げることが できました

これは 伯母のコテージガーデン

それに これも 途中で 何年もずっと そのままだった

パッチワークの しつけが できました

小さな 座布団くらいの 大きさに変更して

少しずつ 仕上げられたらいいな

 

おまけで お肌も 良くなりました

目の下あたりにできていた 脂肪のようなものが

小さくなっていることに 気づきました

髪の抜け毛がお風呂の排水口でわかります

数本に減ってきたうえ 艶まで 出てきました

体重は 約3キロ 痩せました

でも 筋肉も 痩せてしまいました

 

身体は 清々しい 達成感があります

申し訳ない 気持ちもあるけど

少しでも 良くなって 安心させてあげたいです

 

劇的な回復で 終わらないかもしれません

一時的かも しれません

でも 痛みがないことが

どれほど 日常に しあわせを 感じられるか

なにに 感謝すればいいか 

私は 時々 手を合わせています

 

 

f:id:kenmuu:20160428111858j:plain