読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day by day in every way, we are getting better and better.

日々の大切なもの 大切なこと…

50代からは小さく 軽く 暮らしを楽しみます

私を救ってくれた本

f:id:kenmuu:20160901112606j:plain

私は 仕事に忙殺されていた

昨年の4月のある朝

左眼の視野が まるで

暗幕が 垂れたかのように 真っ黒で

突然のことでした

 

その頃は 自宅の階段も上れないほどの

疲労感と 常に 関節痛 肩こり 頭痛

特に 首筋が 突っ張ったような張り

 

責任もあり 重圧と 

ストレスも あったのかもしれない

吐気とめまいも 頻繁で

出張先のビジネスホテルで 入浴中倒れた時は

のぼせたんだろう

生理は 毎月 順調だったけど

きっと 私は 更年期障害

思っていました

 

健康診断でも 血液検査は 常に異常なし

内科に行っても 異常なし

整形外科でも 異常なし

仕事しながら 更年期も 過ぎていく

そんなふうに 思っていました

 

 

 

入院治療中は めまいが激しく

まともに 歩けず

 

左目は視力検査の光も 全くわからない

あっという間に 視力は落ち

薄暗く 煙ったまま ぼんやりとして

自分の顔も 見えなくて

ただ ベッドで 天井を見つめていました

 

 

大学病院で 

視神経が 萎縮しています

残念ですが 今の医療では

回復は 無理でしょう

 

回復する って そう言ったのに

ずっと ずっと 

信じていたのに

 

紹介先の神経内科では

難病の疑いがあります

すぐ 血液検査と 髄液を採りましょう

 

その間

眼の奥の痛みや 眼球の痛み

めまい ふらつき 吐気 頭痛も

ずっと 付き合ってきました

 

良くなったり 悪くなったり

繰り返す中で 足の違和感や けいれんも

 

 

当たり前に 見えていた眼が

力尽きようとしていることを

受け入れなくて

毎日 両目から 溢れるものを

抑えることは できませんでした

 

いつの間にか 秋が来て

景色が 変わって

時間だけが 過ぎていくようで

ただ ただ 虚しかった

 

あんなに 好きだった

私を イキイキとさせてくれた仕事が

もう できないかもしれない

 

鏡で ふと見た 私の左眼

まるで 人形のように 冷たくて

号泣してしまった夜

 

これくらいのことで

そう わかっています

愚かだってことも

脆弱な あまりにも 

あまりにも 弱い 私がいる

 

 

そんな時

職場の会長から

1冊の本と 手紙が 届きました

 

人生には 様々な試練が訪れます

雨の日 風の日あり 必ず晴天の時が参ります

良きイメージを持って 歩んで下さい

回復しないことは 絶対ではないと思います

1冊の本を ご笑納下さい

 

シスター 鈴木 秀子さんの本は

涙が 止まりませんでした

私を 救ってくれた 大切な本です

 

まわりを ご覧なさい

あなたは ひとりでは ありません

たくさんの ひとに 助けられています

 

泣いていては いけない

そうではない

受け入れ 乗り越え 切り開き

そうして 生かしていく

強く 強く

強く

 

私は 今 できることを

一生懸命 するだけです

 

もう 泣かないと 決めた

私を 救ってくれた本です

 

 

広告を非表示にする